小職の旅行記 Juan's Travel Blog

★アジア中心の世界旅行写真ブログ。各国料理、機内食、ホテル、海外GSM携帯やGPRSによるインターネットも。★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CA902とCA1309でウランバートルから北京経由広州へ(2)/From Ulaanbaatar to Guangzhou via Beijing by CA902 and CA1309 (2)

Beijing AirportCA Lounge at Beijing 1北京首都国際空港地球の歩き方中国p.607, 地球の歩き方北京p.41)に到着し中国入国手続きを済ませた後は、1階の到着ロビーから2階の出発ロビーに上がります。ここからは国内線かつビジネスクラスなので楽チンです。搭乗手続きを済ませた後、ビジネスクラスラウンジへ直行です。
After I disembarked at the Beijing Capital International Airport (Lonely Planet China, p. 138 and Lonely Planet Beijing, p. 189), I went up to the departure lobby on the second level from the arrival lobby on the first level. The check-in procedures for domestic flights were much easier than those for international. After the check-in, I went to the business class lounge directly with a business-class boarding pass.


CA Lounge at Beijing 2CA Lounge at Beijing 3さすがに中国国際航空のハブ空港のラウンジだけあって立派です。
This lounge is very nice because Beijing is a hub airport of Air China.


CA Lounge at Beijing 4CA Lounge at Beijing 5飲み物コーナーも、各種飲み物が揃っています。
You can choose a lot of kinds of drinks there.


CA Lounge at Beijing 6CA Lounge at Beijing 7スナックやカップラーメンもありました。
There are also some snacks and cup noodles.



CA Lounge at Beijing 8CA Lounge at Beijing 9窓からはいろいろな飛行機を眺めて楽しむことができます。
You can enjoy viewing many airplanes from the lounge.


CA Lounge at Beijing 10CA Lounge at Beijing WiFiこのラウンジにはパソコンデスクがいくつかあったので使ってみました。LANケーブル接続ではうまくいきませんでしたが、ラウンジのスタッフがここでは無線LANも使えることを教えてくれたので早速利用しました。SSIDはAir Chinaの方です。
There were several computer desks there. I tried to have my computer connected to LAN with a cable but it did not succeed. Then the staff of the lounge told me that a wireless LAN WiFi was available there. SSID was Air China.


CA1309 Meal 1搭乗時刻となったので、広州行きのCA1309に乗り込みました。機材はB777-200で、ビジネスクラスのコンフィグは2-3-2です。まずはビールを頼んだらカールスバーグが来ました。
I boarded CA1309 for Guangzhou. The fleet was B777-200. The configuration of the business-class compartment was 2-3-2. I ordered beer, and then a cabin attendant brought me Carlsberg.


CA1309 Meal 2CA1309 Meal 3中国国際航空の長距離国内線は、ビジネスクラスになると国内線といっても国際線と同じくらいの機内食が出てくることがわかりました。まずはスープと前菜、そして後からメインディッシュが出てきました。ナスとエビの中華でしたがなかなか美味しかったです。
I found Air China served as good meals in the business class of long-haul domestic flights as those of international flights. They served soup and antipasto, and then the main dish. The main dish was Chinese cuisine with egg plant and shrimps. It was very good.


CA1309 Meal 4CA1309 Meal 5その後、きちんとデザートも出て、最後はコーヒーで、しめです。
They served desserts after the main dish. Finally I enjoyed coffee.


2005年12月29日
29 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

中国・北京のガイドブックはこちら
Guidebook for China and Beijing:
地球の歩き方 中国 2005~2006年版
地球の歩き方 北京 2005~2006年版
地球の歩き方ポケット 北京&上海 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 中国(中国語)
旅の指さし会話帳 北京
食べる指さし会話帳 中国(北京&上海料理)
Lonely Planet China, 9th ed.
Lonely Planet Beijing, 6th ed.
Lonely Planet Best of Beijing
Lonely Planet Mandarin Phrasebook, 5th ed.


バナー 10000024ローテーションバナー234-60
スポンサーサイト

テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/28(火) 21:01:58|
  2. 航空・国際交通/Aviation & International Transportation
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

CA902とCA1309でウランバートルから北京経由広州へ(1)/From Ulaanbaatar to Guangzhou via Beijing by CA902 and CA1309 (1)

Buyant Ukhaa Airportさて、モンゴルでの滞在も終わり、北京経由で広州まで行くことになりました。これはウランバートルのボヤント・オハー国際空港です(地球の歩き方モンゴルp.155-156)。以前は空港使用料を払うカウンターがあり、そこで払って領収証をもらわないとチェックインカウンターに行かせてくれなかったのですが、今は航空券へ切り込みになっているらしく、直接チェックインカウンターに行き、その後出国手続きと、あっという間に終わってしまいました。
After staying in Mongolia, I left Ulaanbaatar for Guangzhou via Beijing. The photo shows the Buyant Ukhaa International Airport (Lonely Planet Mongolia, p. 249). There used to be a counter for the passenger service charge before the check-in counters. Without the receipt of the charge, you could not be allowed to proceed to the check-in counter previously. But now the passenger service charge must be included in the air ticket. You can go to the check-in counter directly, and then proceed to the passport control very quickly now.


Multi Vitamin 1Multi Vitamin 2搭乗開始までの間、モンゴルで人気のジュース、マルチビタミンを飲みました。味は、タカラビタミンパーラーそっくりです。
During I was waiting for the boarding, I had one of Mongol's most popular juices that was named Multi Vitamin. The flavor was very similar to that of Takara's Vitamin Parlor.


CA902 MealCA902便の機材はB737-300で、エコノミークラスのコンフィグは3-3、ファーストクラスとエコノミークラスの2クラス運用というところまでは、往路のCA901便と全く同じなのですが、違ったのがこの機内食です。牛肉のペッパー風味にライス、パン、サラダ、フルーツまで付いています。往路のピザパン一個というのは一体何だったんでしょう(前回記事参照)。往復でこれだけ機内食が違うという路線は初めてでした。
The fleet of CA902 was B737-300. The configuration of the economy class compartment was 3-3. It had two classes of the first and the economy. These things were exactly same as those of the outbound flight CA901 except for the meals. The meal was stir-fried beef with pepper, rice, bread, salad and fruit. On the contrary, the meal was only a piece of pizza bread in CA901 (refer to the previous article). I had never seen such big a difference in meals between the outbound and the inbound flights before.


2005年12月29日
29 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/27(月) 20:40:30|
  2. 航空・国際交通/Aviation & International Transportation
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

チンギスクラブ(ウランバートル)/Chinggis Club in Ulaanbaatar

地球の歩き方モンゴルp.60
Lonely Planet Mongolia, p. 79

Chinggis Club 1Chinggis Club 2チンギスクラブはチンギスビールの醸造所併設のビアホールです。中は木がメインの内装のお店です。
The Chinggis Club is a beer hall attached to the brewery of the Chinggis Beer. Its wall, tables and chairs are wooden.


Chinggis PilsnerChinggis Beer Black左がピルスナー、右が黒です。
The photos show Chinggis Pilsner at the left and Chinggis Black at the right.






Fried PotatoBeef Tongueフライドポテトと牛タンを頼みました。
I ordered fried potato and slices of beef tongue.



Steak Plateメインディッシュはステーキプレートです。
My main dish was a steak plate.






2005年12月28日
28 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/26(日) 23:43:59|
  2. モンゴル/Mongolia
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:1

セントーサ・フードコートでアルメニア料理・グルジア料理(ウランバートル)/Armenian and Georgian cuisines at Sentosa Food Court in Ulaanbaatar

Sentosaこの日の昼食はセントーサ・フードコートという所に行きました。タクシーの運転手も沢山食べに来ていたので、多分安くて美味しいお店なのでしょう。場所は残念ながら忘れました。
I had a lunch at the Sentosa Food Court. I think this food court might be cheap but good because I found many taxi drivers eating there. Unfortunately I forgot to ask the location.


Sentosa Menuここには、モンゴル料理のほか、ロシア料理、中華料理、韓国料理などもありますが、日本ではなかなかお目にかかれないアルメニア、グルジア料理のコーナーに行きました。
They had many counters of Mongolian, Russian, Chinese, Korean cuisines etc. I went to the counter of Armenian and Georgian cuisines that could hardly be found in Japan.


Pork PlateBorschtポークプレートとボルシチを頼みました。ポークプレートの豚肉は薄い卵焼きの上に乗っています。なかなか美味しかったです。
I ordered a pork plate and borscht. The pork plate had stir-fried pork on thin fried egg. It was very good.


2005年12月28日
28 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/25(土) 14:50:45|
  2. モンゴル/Mongolia
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

アイリッシュパブ・グランドハーン(ウランバートル)/Irish Pub Grand Khaan in Ulaanbaatar

Grand Khaan 1Grand Khaan 2Grand Khaan 3グランドハーンは最近できたアイリッシュパブです。まあ、ビアホールと言ってもいいでしょう。場所はソウル通りとチンギス通りが交差する国立ドラマ劇場近くです。営業時間は夜12時までラストオーダーは11:30です。客層は、外国人やお金持ちそうなモンゴル人が多かったです。JCBのステッカーが貼ってありましたが、使えなかったです(謎)。
Grand Khaan is an Irish pub that was opened recently. It is situated near the national theater and the crossing of Seoul Street and Chinggis Street. It is open until the midnight and the time for the last order is 11:30 p. m. Most customers were foreigners and Mongolian that must have been rich. They did not accept a JCB card though I found some stickers of JCB there.


Altai GobiChinggis Pilsnerここには沢山の種類のビールがあります。左がアルタイゴビビールで、右がチンギスビールのピルスナーです。
They have many brands of beer. The photos show Altai Gobi Beer at the left and Chinggis Pilsner at the right.



Khan BreuGuinness左がハンブロイで、右がギネスドラフトです。
The photos show Khan Bräu at the left and Guinness Draught at the right.





Sausage PlateFrench Fries食事は、ビールに合うと思ってソーセージプレートとフレンチフライを頼みました。
I ordered a sausage plate and French fries suitable for beer.


Live in Grand Khaanライブショーもあり、なかなか楽しめました。
Live shows were held there. I really enjoyed it.







2005年12月27日
27 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/22(水) 19:46:12|
  2. モンゴル/Mongolia
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

ウクライナ料理レストラン・ウクライナキッチン(ウランバートル)/Ukrainian Restaurant Ukraine Kitchen in Ulaanbaatar

Ukraine Kitchen 1Ukraine Kitchen 2この日の昼食はウランバートルで人気のウクライナ料理レストラン・ウクライナキッチンでとりました。ウクライナキッチンはウランバートル市内に何軒かあるようですが、これはパルチザン通りのハラーホテル(地球の歩き方モンゴルp.57)の向かいにあるお店です。
I had lunch at the Ukrainian restaurant named Ukraine Kitchen that was one of the most popular restaurants in Ulaanbaatar. I heard that they had some branches in Ulaanbaatar. This restaurant is located in front of Kharaa Hotel (Lonely Planet Mongolia, p. 73) on Partizan Street.


Chinggis Beer Black旅行中なので、まずはビールを頼みました。チンギスビールの黒ビールです。
First of all I had black beer of Chinggis Beer.







Borscht前菜としてボルシチを頼みました。ここのボルシチは結構人気があるようです。
Then I had borscht. This borscht is very popular in this restaurant.




Banshあまりお腹がすいていなかったので、バンシュ(水餃子)を頼みました。
The photo shows dumplings called bansh.





ここのレストランはなかなか美味しいと思います。
I think this restaurant is very good.

2005年12月27日
27 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/21(火) 23:35:19|
  2. モンゴル/Mongolia
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

モンゴル・モビコムの携帯にインターネットからSMSを送受信/Sending and Receiving SMS to/from Mongolian MobiCom Mobile Phone on Internet

モビコムの携帯を持っているモンゴルの人と安く連絡を取るにはSMSが一番です。しかし、Yahoo! Messengerなどで送受信することができません。また、一部のGSM携帯からは国際SMSでモビコムの携帯に送信可能ですが、モビコムのプリペイドSIMからは国際SMSが送れないようです。そこで登場するのがモビコムが提供しているweb2smsというサービスです。
The cheapest way to communicate with a Mongolian who has a MobiCom mobile phone is SMS. But Yahoo! Messenger does not support MobiCom. While some GSM mobile phones can send an SMS to MobiCom mobile phones, the prepaid service of MobiCom does not seem to support the international SMS service. But don't worry. MobiCom offers a useful service named web2sms.

Web2SMS 1まず、このサービスを利用するためにはモビコムセンターに行って申し込む必要があります。任意のログインネームとパスワードを決め、送信するSMSの数×30トゥグリグ(約3円)のお金を支払います。小職は500SMS分、つまり15,000トゥグリグ分申し込みました。期限は特にないようです。なお、SMSの受信にはお金はかかりません。一回の送信はSMSなので半角英数128文字までですが、国際電話料金を考えたら随分安いと思います。写真はログイン画面です。
First of all you have to apply this service at a MobiCom center. Decide any log-in name and any password you like and pay the amount of money covering the number of SMS you want to send. An SMS costs 30 tugrug or 3 cents. I paid 15,000 tugrug for 500 SMS. It seems that this service never expires during the deposit remains. Receiving SMS is free of charge. You can send only 128 characters in on SMS. But it is much cheaper than an international call. The photo shows a log-in screen.


Web2SMS 2こちらはメッセージ作成画面です。何文字入力されて、あと何文字入力できるか、あと何通SMSが送ることができるかなどが表示されます。
The photo shows the composition of the message. You can see how many letters you typed, how many letters remained to be typed and how many messages you can send.


Web2SMS 3送信後もこのように確認ができます。
You can confirm the sent messages like this.






MobiCom SMS received送信したSMSを実際に携帯で受信したのがこれです。web2smsには番号が付与されており、+58XXXXXXXという番号で送信されています。
The photo shows a message received from the web2sms. A unique number like +58XXXXXXX is assigned to every web2sms account.


MobiCom SMS Sentこの番号にそのまま返信すると、web2smsの受信ボックスにメッセージが送信されます。また送信した携帯にもこのような確認メッセージが届きます。
If you reply a message at the number, the message is delivered to the Inbox of the web2sms. At the same time, the message shown in the photo comes to the sender's mobile phone.


2005年12月27日
27 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/20(月) 23:59:59|
  2. 海外プリペイドGSM携帯・インターネット/Prepaid GSM Mobile Phone & Internet
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

アヌジンホテル(ウランバートル)/Anujin Hotel in Ulaanbaatar

連絡先
Bayanzurkh district, Ulaanbaatar, Mongolia
Phone +976-11-451039

地球の歩き方モンゴルp.55(アノージンホテルとして掲載)
Lonely Planet Mongolia, p. 74

Anujin Hotel 1バガノールからウランバートルに戻ってきてホテルに泊まることになりました。友人が手配してくれたアヌジンホテルは英国大使館のすぐ隣にあるホテルです。閑散期のせいか、宿泊料は朝食付きで1泊35米ドルでした。
I stayed at a hotel in Ulaanbaatar after Baganuur. Anujin Hotel, which my friend arranged, was situated just next to the British Embassy to Mongolia. The tariff was US$35 per night including breakfast probably because it was not busy season.


Anujin Hotel Bedroom 1Anujin Hotel Bedroom 2ベッドルームはこんな感じです。
These photos show the bedroom.






Anujin Hotel Bedroom 3Anujin Hotel Bedroom 4応接セットとテレビのある間が途中にありますが、こことベッドのあるところには段差があります。テレビは各国の放送の他、NHKも見られます。
There was a room equipped with a table and chairs and a TV set. But there is a small step between this room and the bedroom. You can watch foreign channels and a Japanese channel NHK on this TV.


Anujin Hotel Bathroom 1Anujin Hotel Bathroom 2バスルームには、最近モンゴルで流行らしい中国製のシャワールームユニットが備え付けられていました。
The bathroom was equipped with a shower room unit made in China that was very popular in Mongolia.



Anujin Hotel 2コンセントはCプラグ用ですので、日本のプラグは使えず、ゴーゴンなどのプラグ変換器が必要となります。電圧は220Vです。
The outlets accepted C plugs. The voltage was 220 V.


ゴーコンをAmazonで購入
ゴーコンをYahoo!で購入

2005年12月27日
27 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/19(日) 19:47:33|
  2. モンゴル/Mongolia
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

モンゴルのウマの内臓料理/Horse Bowels Cuisine in Mongolia

友人宅へ戻ると、馬肉の料理を作っていると言っていたので、てっきり桜肉のようなものを想像していました。しかし。。。
When I got back to my friend's home, they told me the dinner of the day would be a horse cuisine. I expected what we called sakuraniku, but...

Horse Intestine 1Horse Intestine 2実はモツの塩ゆででした。これは多分腸だと思います。
It was a cuisine of horse bowels. These look like intestines.


Horse LiverHorse Stomachレバーと胃ですね。
They must be liver and stomach.





GarlicVegetables唯一沢山食べられたのが、ニンニクと野菜でした。
I could eat garlic and vegetables a lot.


モンゴルの塩ゆでは香辛料などを使っていないので、味が非常にシンプルなのですが、食べ慣れなれていなかったため、箸がなかなかすすまず残念でした(苦笑)。日本ではモツの焼き肉はよく食べるので、焼き肉にしてもらったら食べられたかも知れませんが。
As the bowels were cooked by boiling without spices but salt, their taste was very simple. But I could not have it so much unfortunately because I did not accustom myself to the taste yet. The bowels of horse might be acceptable to me if they were barbecued because I often have bowels at barbecue restaurants in Japan.

2005年12月26日
26 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/18(土) 17:44:03|
  2. モンゴル/Mongolia
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

ゲル訪問(モンゴル・バガノール)/Visit Ger in Baganuur, Mongolia

Ger 1友人のお爺さんお婆さんのゲルを訪問しました。
I visited a ger of my friend’s grandparents.






Ger 2Ger 3外の気温は-20度以下ですが、ゲルの内部は石炭ストーブで意外なほど暖かかったです。
The temperature was below -20 degrees Celsius. But the inside of the ger was much warmer than I had thought thanks to the coal heater.


Suutei tsaiAlcohol from Milkまずはミルクティーをいただきました。右の写真は、牛乳酒の蒸留酒で、度数は12度程度です。熱燗にして銀の器でいただきました。
First of all I had Mongolian salty milk tea. The photo at the right shows distilled fermented milk containing 12% alcohol. It was warmed and served in silver.


Butterbuuzつまみにバターでしょうか?右の写真は、モンゴルの小さな羊肉まん、ボーズです。
I enjoyed having some butter and buuz that is steamed mutton dumplings.


2005年12月26日
26 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/17(金) 19:43:31|
  2. モンゴル/Mongolia
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

モンゴル・モビコムのプリペイド携帯SIMモビカードのGPRSでインターネット/Internet Connection by GPRS by a Prepaid Mobile Phone SIM MobiCard of MobiCom in Mongolia

地球の歩き方モンゴルp.189
Lonely Planet Mongolia, p. 245

モンゴルには現在モビコムスカイテルという2社の携帯電話会社がありますが、モビコムはGSM、スカイテルはCDMAのネットワークを使っています。モビコムは2005年の4月か5月頃からGPRSが使えるようになったという話を聞き早速試してみました。
In Mongolia there are two mobile phone companies that are MobiCom and Skytel now. MobiCom is a GSM operator while Skytel is a CDMA operator. I heard that MobiCom had launched the GPRS service in April or May 2005. So, I tried the GPRS of MobiCom this time.

MobiCom SIMまずはプリペイドSIMを購入しました。購入場所は、「ぷーくまのハチミツと海外旅行が大好き」さんのブログ記事と同じノミンデパート(地球の歩き方モンゴルp.52)です。16,700トゥグリグでした。
First of all I purchased a prepaid SIM from Nomin Department Store (referred to as State Department Store in Lonely Planet Mongolia, pp. 84-85). The price was 16,700 tugrug.


Recharge Card 1Recharge Card 2モビコムリチャージカードには2種類あり、一つは通話度数の追加と有効期限の延長がセットになっているカードで、もう一つは通話度数の追加のみをするカードです。これは通話度数の追加だけのカードです。追加は、*212*[16桁のカード番号]#で行い、残高と有効期限の照会は”211#で可能です。
MobiCom offers two kinds of recharge cards. One recharges some call units and extends the expiration date. Another one recharges some call units only. The photos show the latter one. To recharge, press *212*[16 digits of the card]# and OK. You can inquire the residual call units and the expiration date by pressing *211#.


早速Sony Ericsson T68i+Bluetooth接続でGPRSを試してみました。設定パラメーターはモビコムのホームページと「ぷーくまのハチミツと海外旅行が大好き」さんのブログ記事を参考にして以下の通りです:
APN: internet
電話番号: *99***1#
ユーザー名: なし
パスワード: なし
優先DNS: なし
代替DNS: なし
【参考】3G&GSMケータイ活用事典CHAPTER08海外でモバイルデータ通信p.253-272
I tried the GPRS with Sony Ericsson T68i and Bluetooth connection. The parameters for GPRS referring to MobiCom's instructions are:
APN: internet
Phone number: *99***1#
User name: none
Password: none
Primary DNS: none
Secondary DNS: none

MM MobiComGPRS Speed in BaganuurGPRS Speed in Ulaanbaatar







その結果、あっさりつながってしまいました。バガノールで17.9kbps、ウランバートルで6.27kbpsでした。ウランバートルの方がネットワークが混んでいたせいかスピードが遅かったです。それにしても、まさかバガノールのような地方都市でつながるとは思ってもみませんでした。この調子だと他の地方都市でもGPRSのサービスが期待できそうです。
Then I could succeed the internet connection by GPRS. The speed was 17.9 kbps in Baganuur and 6.27 kbps in Ulaanbaatar. The speed in Ulaanbaatar was slower than that in Baganuur probably because of the crowded network in Ulaanbaatar. But I was surprised at the success in Baganuur because it was a local city. I hope GPRS may be available also in other local cities.

2006年12月26日
26 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/16(木) 19:43:04|
  2. 海外プリペイドGSM携帯・インターネット/Prepaid GSM Mobile Phone & Internet
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

モンゴルのお酒/Mongolian Alcoholic Drinks

友人の家がウランバートルから車で1時間ほどのバガノールという町にあるので、そこに泊めてもらうことになりました。
I stayed at my good friend’s house in a city named Baganuur situated one hour drive from Ulaanbaatar.

Arkhiまずは定番モンゴルウォッカのアルヒです。40度くらいあります。客人は挨拶代わりに小さなグラスですけどストレートで最低3杯は飲むことになっています。
This is Mongolian vodka called arkhi that contains about 40% alcohol. Each guest must drink at least three glasses of straight arkhi up in stead of greetings though the glass is as small as one ounce.


Borgio以前紹介したビール、ボルギオの瓶です。
This is bottled beer named Borgio that was introduced also in the previous article.







酔っ払った後は、旅の指さし会話帳で結構盛り上がりました。モンゴル語と日本語のギャップを埋めるのにはなかなか有用です。
After we got drunk, we enjoyed conversations on Tabinoyubisashikaiwacho or the original "POINT-AND-SPEAK" Phrasebook. The book was very useful to fill the language gap between Mongolian and Japanese

2005年12月25日
25 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/15(水) 23:54:51|
  2. モンゴル/Mongolia
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

ウランバートル近郊のドライブインの食事/At a Restaurant Near Ulaanbaatar

地球の歩き方モンゴルp.25
旅の指さし会話帳モンゴルp.54-55
Lonely Planet Mongolia, p. 49

所は変わって、モンゴルに着きました。早速ランチタイムです。食事はがらりと変わります。
I got to Mongolia. I had lunch there. The meals were very new for me.

Suutei tsaiKhuitsaiまずは塩味のミルクティー、スータェ・ツァェですね。右の写真は野菜と肉団子のスープのホイツァイです。
The photos show salty milk tea called suutai tsai and soup of vegetables and meat balls named khuitsai.


KhuushuurHamburg Plate揚げ餃子のホーショルとハンバーグプレートです。
The photos show deep-fried dumpling named khuushuur and a hamburg plate.


GulyashTsuivan肉の煮込みがセットになったプレートゴリヤシと焼きうどんツォイワンです。
The photos show a plate with stewed meat named gulyash and fried noodle named tsuivan.


2005年12月25日
25 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/14(火) 20:22:21|
  2. モンゴル/Mongolia
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

CA901便で北京からウランバートルへ/From Beijing to Ulaanbaatar by CA901

CA901便の機材はB737-300で、エコノミークラスのコンフィグは3-3でした。どうやらこの便にはビジネスクラスがなくファーストクラスとエコノミークラスの2クラス運用でした。
The fleet of CA901 was B737-300. The configuration of the economy class compartment was 3-3. This flight did not have the business class. It had two classes of the first and the economy.

CA901 1CA901 2クリスマスに乗ったせいか、絵葉書とチョコのプレゼントがありました。機内食は、ピザパン1個でした。
They gave me some greeting cards and chocolate probably because it was Christmas. The meal was one piece of pizza bread.


2005年12月25日
25 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

中国・北京のガイドブックはこちら
Guidebook for China and Beijing:
地球の歩き方 中国 2005~2006年版
地球の歩き方 北京 2005~2006年版
地球の歩き方ポケット 北京&上海 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 中国(中国語)
旅の指さし会話帳 北京
食べる指さし会話帳 中国(北京&上海料理)
Lonely Planet China, 9th ed.
Lonely Planet Beijing, 6th ed.
Lonely Planet Best of Beijing
Lonely Planet Mandarin Phrasebook, 5th ed.


バナー 10000024ローテーションバナー234-60

テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/13(月) 20:20:23|
  2. 航空・国際交通/Aviation & International Transportation
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

北京首都国際空港での出国手続き変更/New International Departure Procedures at Beijing Capital International Airport

BCIA 1BCIA 2中国出国の際、2005年11月16日から検疫手続きが、2005年7月1日から税関検査が追加となり、搭乗手続きの前に必要になっていました。事前に健康問診票と税関申告書に記入が必要です。写真は北京首都国際空港にあった表示です。現在、税関と検疫を通らないとチェックインカウンターに行けないようになっています。ガイドブック(地球の歩き方中国p.609-613、地球の歩き方北京p.42-43)の手順とは若干異なりますので注意が必要です。なお、国内線には検疫手続きや税関検査はありません。
The quarantine procedure and the customs declaration have been needed at the international departure from China since 16 November 2005 and 1 July 2005, respectively. You have to fill out both a quarantine card and a customs declaration form in advance. The photos show the announcements at the Beijing Capital International Airport. You have to pass through the customs and the quarantine before going to the check-in counter. The quarantine or the customs is not needed at the domestic departure.


順番をまとめると以下のようになります:
1.税関検査
2.検疫
3.搭乗手続き
4.出国審査
5.保安検査
The new international departure procedures are summarized as follows:
1. Customs
2. Quarantine
3. Check-in
4. Passport Control
5. Security Check

2005年12月25日
25 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

中国・北京のガイドブックはこちら
Guidebook for China and Beijing:
地球の歩き方 中国 2005~2006年版
地球の歩き方 北京 2005~2006年版
地球の歩き方ポケット 北京&上海 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 中国(中国語)
旅の指さし会話帳 北京
食べる指さし会話帳 中国(北京&上海料理)
Lonely Planet China, 9th ed.
Lonely Planet Beijing, 6th ed.
Lonely Planet Best of Beijing
Lonely Planet Mandarin Phrasebook, 5th ed.


バナー 10000024ローテーションバナー234-60

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/12(日) 18:28:48|
  2. 中国/China
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

ヒルトン北京/Hilton Beijing

ヒルトン北京をアップルワールドで予約する

地球の歩き方中国p.55
地球の歩き方北京p.168

ヒルトン北京は朝暘区にあります。遅く着きすぎた、外が寒いという理由で、結局外には遊びに出ませんでした。
Hilton Beijing is situated in Chaoyang District. I did not go out because I arrived at the hotel very late and it was very cold outside.

Hilton Beijing Bedroom 1Hilton Beijing Bedroom 2Hilton Beijing Bedroom 3





ベッドルームは、ダブルベッドで、こんな感じです。
The room was equipped with a double-sized bed.

Hilton Beijing Desk 1Hilton Beijing Desk 2Hilton Beijing Desk 3





デスクの近くには、ABCタイプ兼用コンセント、Oタイプ用コンセント、BFタイプ用コンセントがあり、LANとモデムのジャックもありました。電話の横にもモデム用のジャックがあります。
On the wall near the desk, you will find two outlets for A-, B- and C-type plugs, two outlets for O-type plugs, an outlet for BF-type plugs, a LAN outlet and a modem outlet. The phone was also equipped with a modem outlet.

Hilton Beijing Bathroom 1Hilton Beijing Bathroom 2Hilton Beijing Bathroom 3







バスルームはこんな感じです。
These photos show the bathroom.

Hilton Beijing Bathroom 4独立したシャワールームもありました。
The bathroom was equipped with a shower room besides a bathtub.







2005年12月25日
25 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

中国・北京のガイドブックはこちら
Guidebook for China and Beijing:
地球の歩き方 中国 2005~2006年版
地球の歩き方 北京 2005~2006年版
地球の歩き方ポケット 北京&上海 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 中国(中国語)
旅の指さし会話帳 北京
食べる指さし会話帳 中国(北京&上海料理)
Lonely Planet China, 9th ed.
Lonely Planet Beijing, 6th ed.
Lonely Planet Best of Beijing
Lonely Planet Mandarin Phrasebook, 5th ed.


バナー 10000024ローテーションバナー234-60

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/11(土) 18:24:54|
  2. 中国/China
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

北京首都国際空港からリムジンバスでホテルへ/From Beijing Capital International Airport to Hotel by Limousine Bus

地球の歩き方中国p.40
地球の歩き方北京p.40
Lonely Planet China, p. 139
Lonely Planet Beijing, p. 189-190

Beijing Airport Bus Ticket北京首都国際空港には夜遅く着いたのですが、リムジンバスはまだやっていました。チケットは16元でした。ホテルはヒルトン北京なので三元橋の近くなのですが、チケット売り場は英語が通じず筆談でチケットを買い、バスも出発前に運転手が停まるところを中国語でズラズラ言うので停まりたい停留所名を言ったときに手を挙げて予め教えておくというスタイルです。ちょっと外国人が利用するには難しいかも知れません。たまたま、「サン・ユアン」が聞き取れたから良かったですが。
I arrived at the Beijing Capital International Airport late at the night, but the airport limousine buses were still in operation. The ticket cost RMB16. My hotel in Beijing was the Hilton Beijing located near the Sanyuan Overpass. I showed the ticket vendor my handwriting meaning the Sanyuan Overpass in Chinese characters to buy a ticket because they did not understand English. In addition, before the bus leaves the airport, you have to respond to the driver when he calls the name of the bus stop that you are going to get off at in Chinese. I do not think that it is easy for foreigners to take this airport limousine bus. Fortunately I was lucky to catch the word "Sanyuan" he said in Chinese.


2005年12月25日
25 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

中国・北京のガイドブックはこちら
Guidebook for China and Beijing:
地球の歩き方 中国 2005~2006年版
地球の歩き方 北京 2005~2006年版
地球の歩き方ポケット 北京&上海 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 中国(中国語)
旅の指さし会話帳 北京
食べる指さし会話帳 中国(北京&上海料理)
Lonely Planet China, 9th ed.
Lonely Planet Beijing, 6th ed.
Lonely Planet Best of Beijing
Lonely Planet Mandarin Phrasebook, 5th ed.


バナー 10000024ローテーションバナー234-60

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/10(金) 20:35:49|
  2. 中国/China
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

CA1856で上海虹橋から北京へ/From Shanghai Hongqiao to Beijing by CA1856

本当は18:35発のCA1516便を予約していたのですが、午後ANAから電話があり、19:50発のCA1856便に変更になったと連絡がありました。空港に行くとCA1516のところには”COMBINED”の表示が。どうやらCA1516の乗客が少なかったのでCA1856に乗せられることになったようです。まあ、中国だからこんなこともありかと勝手に納得しました。
I booked CA1516 departing at 18:35. But All Nippon Airways called me in the afternoon and told me that CA1516 had been changed into CA1856 departing at 19:50. I found CA1516 had been combined to CA1856 on the information board at the airport. Probably because the passengers to take CA1516 were few, CA1516 was combined to CA1856. Such changes may sometimes happen in China.

Shanghai Hongqiao Lounge 1Shanghai Hongqiao Lounge 2上海虹橋空港(地球の歩き方中国p.234、609、地球の歩き方上海 杭州・蘇州p.91)の中国国際航空のラウンジです。
The photo shows CA's lounge at the Shanghai Hongqiao Airport (Lonely Planet China, pp. 302-303, Lonely Planet Shanghai, pp. 193-194).


Shanghai Hongqiao Lounge 3Shanghai Hongqiao Lounge 4Shanghai Hongqiao Lounge 5







ラウンジの中はこんな感じです。食べ物はありましたが、なんとお酒はありませんでした。
There were some foods and drinks. But they had no alcoholic beverages.

CA1856はA330で、ビジネスクラスのコンフィグは2-2-2でした。このA330ですが、よくよく見たら香港ドラゴン航空の機材でした。でも、乗員は中国国際航空。こんなこともあるんですねえ。
The fleet of CA1856 was A330. The configuration of the business class compartment was 2-2-2. I was surprised to find this fleet Dragonair's. But the cabin attendants were of Air China.

CA1856 1ラウンジにビールがなかったので、早速ビールを注文しました。燕京ビールが出てくると北京が近いなあと思います。
I could not have beer at the lounge, so I ordered beer first of all. Yanjing Beer reminded me of Beijing.


CA1856 2食事は、ガーリックトースト、スープ、フルーツで、まあまあ美味しかったです。ビジネスクラスの客が小職も含めて2人しかいなかったので、サービスは至れり尽くせりでした。ガーリックトーストをもう一ついかがですかと言われた程です。
The meal was garlic toast, soup and fruits. It was good. As there were only two passengers including me in the business class compartment, their service was very good. A cabin attendant asked me whether I would have one more garlic toast.


2005年12月24日
24 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

中国・上海のガイドブックはこちら
Guidebook for China and Shanghai:
地球の歩き方 中国 2005~2006年版
地球の歩き方 上海 杭州・蘇州 2005~2006年版
地球の歩き方ポケット 北京&上海 2005~2006年版
地球の歩き方MOOK 上海-未来都市と麗しの杭州・蘇州 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 中国(中国語)
旅の指さし会話帳 上海
食べる指さし会話帳 中国(北京&上海料理)
Lonely Planet China, 9th ed.
Lonely Planet Shanghai, 2nd ed.
Lonely Planet Best of Shanghai
Lonely Planet Mandarin Phrasebook, 5th ed.


バナー 10000024ローテーションバナー234-60

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/09(木) 23:59:03|
  2. 航空・国際交通/Aviation & International Transportation
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

上海虹橋空港内のレストラン/Restaurant at Shanghai Hongqiao Airport

上海虹橋空港でチェックインした後、小腹がすいていたので制限区域内のレストランに入りました。
After the check-in at the Shanghai Hongqiao Airport, I went to a restaurant in the restricted area because I was a little bit hungry.

Crab SoupNoodle w/Roasted Porkカニスープとチャーシュー麺を頼みました。なかなか美味しかったです。
I ordered crab soup and noodle with roasted pork. They were very good.


2005年12月24日
24 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

中国・上海のガイドブックはこちら
Guidebook for China and Shanghai:
地球の歩き方 中国 2005~2006年版
地球の歩き方 上海 杭州・蘇州 2005~2006年版
地球の歩き方ポケット 北京&上海 2005~2006年版
地球の歩き方MOOK 上海-未来都市と麗しの杭州・蘇州 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 中国(中国語)
旅の指さし会話帳 上海
食べる指さし会話帳 中国(北京&上海料理)
Lonely Planet China, 9th ed.
Lonely Planet Shanghai, 2nd ed.
Lonely Planet Best of Shanghai
Lonely Planet Mandarin Phrasebook, 5th ed.


バナー 10000024ローテーションバナー234-60

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/08(水) 18:20:31|
  2. 中国/China
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

空港バスで上海シティーエアーターミナル付近から上海虹橋空港へ/From Shanghai City Air Terminal To Shanghai Hongqiao Airport by Airport Bus

Lonely Planet Shanghai, p. 194

上海には浦東空港と虹橋空港がありますが、現在虹橋空港は国内線中心の空港で、浦東空港は国際線・国内線兼用です。国内線に関して言えばもちろん虹橋空港発着の便が多く、今回小職が乗る上海発北京行きの便も虹橋空港発でした。
Shanghai has two airports that are the Pudong Airport and the Hongqiao Airport. Now the Hongqiao is mainly for domestic and the Pudong is for both international and domestic. Of course, the Hongqiao Airport is predominant in the domestic lines. My flight from Shanghai to Beijing would depart at the Hongqiao Airport.

Bus Ticket VendorBus Ticket現在地下鉄2号線はまだ虹橋空港までの延伸工事中で使えないので、虹橋空港行きのバスに乗ることにしました。途中ところどころ止まって行くバスもありますが、直通バスに乗りたかったので、取り合えず静安寺にある上海シティーエアーターミナル(上海機場城市航站楼)に行ったところ、角を曲がったところに虹橋空港行きのチケット売り場があるとガードマンに言われました。そこで言われた通りに行くと、南京西路と常徳路の交差点にありました。料金は片道4元でしたが、このチケットの漢字は日本人にも難解です。
As the Metro Line 2 was still under construction to extend to the Hongqiao Airport, I decided to take a bus for the Hongqiao Airport. Some buses would stop several times, but I preferred a direct bus for the airport. First of all, I went to the Shanghai City Air Terminal at the Jing'an Temple Station. However, a guard man kindly told me to go to a ticket vendor near the crossing of Nanjinxi Lu and Changde Lu. The single trip ticket cost RMB4, but the Chinese character expressing "4" on the ticket was difficult even for Japanese people.


Airport Bus for Hongqiao 1Airport Bus for Hongqiao 2これが直通バス。いわゆるマイクロバスですね。
The photo shows a minibus for the airport.



Hongqiao Airport30分もしないで虹橋空港に到着しました。
It took less than 30 minutes to go to the Hongqiao Airport.





2005年12月24日
24 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

中国・上海のガイドブックはこちら
Guidebook for China and Shanghai:
地球の歩き方 中国 2005~2006年版
地球の歩き方 上海 杭州・蘇州 2005~2006年版
地球の歩き方ポケット 北京&上海 2005~2006年版
地球の歩き方MOOK 上海-未来都市と麗しの杭州・蘇州 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 中国(中国語)
旅の指さし会話帳 上海
食べる指さし会話帳 中国(北京&上海料理)
Lonely Planet China, 9th ed.
Lonely Planet Shanghai, 2nd ed.
Lonely Planet Best of Shanghai
Lonely Planet Mandarin Phrasebook, 5th ed.


バナー 10000024ローテーションバナー234-60

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/07(火) 23:36:37|
  2. 中国/China
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:1
  4. | コメント/COMMENTS:0

上海の外灘(バンド)/Bund of Shanghai

地球の歩き方中国p.238
地球の歩き方上海 杭州・蘇州p.98-105
Lonely Planet China, pp. 273-277
Lonely Planet Shanghai, pp. 60-62

Bund 1Bund 2外灘(バンド)は、租界時代の建物が建ち並ぶ上海の象徴的な場所です。
The Bund is the symbolic place of Shanghai in which many historical buildings were built along the street.


Pudong New Area対岸は浦東新区で、左側の特徴的な形のタワーはアジア一高いテレビ塔の東方明珠塔(地球の歩き方中国p.241、地球の歩き方上海 杭州・蘇州p.136)です。
The Pudong New Area is located in the eastern bank of the Huangpu River that can be seen from the Bund. The unique-shaped tower at the left in the photo is the Oriental Pearl Tower that is the tallest TV tower in Asia (Lonely Planet China, p. 283 and Lonely Planet Shanghai, pp. 73-74).


2005年12月24日
24 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

中国・上海のガイドブックはこちら
Guidebook for China and Shanghai:
地球の歩き方 中国 2005~2006年版
地球の歩き方 上海 杭州・蘇州 2005~2006年版
地球の歩き方ポケット 北京&上海 2005~2006年版
地球の歩き方MOOK 上海-未来都市と麗しの杭州・蘇州 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 中国(中国語)
旅の指さし会話帳 上海
食べる指さし会話帳 中国(北京&上海料理)
Lonely Planet China, 9th ed.
Lonely Planet Shanghai, 2nd ed.
Lonely Planet Best of Shanghai
Lonely Planet Mandarin Phrasebook, 5th ed.


バナー 10000024ローテーションバナー234-60

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/06(月) 23:45:58|
  2. 中国/China
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

上海リニアモーターカー/Shanghai Maglev Train

地球の歩き方中国p.234
地球の歩き方上海 杭州・蘇州p.59、65
Lonely Planet China, p. 303
Lonely Planet Shanghai, p. 194

Shanghai Maglev Station 1世界初のリニアモーターカーの営業線である上海リニアモーターカーに乗ってみました。これは龍陽路駅のチケットカウンターです。
I took the Shanghai Maglev Train that was world’s first maglev train in operation. The photo shows the ticket counter at Longyang Rd. Station.


Shanghai Maglev Ticket 1Shanghai Maglev Ticket 2折角なので一等車に乗ることにしました。往復で160元です。タクシーの片道より安い!!
I decided to take the first class car. The round trip tickets cost RMB160 which was cheaper than a single trip from the airport to Shanghai city by taxi.


Shanghai Maglev Station 2X線検査機があったのですが、どういうときに通さなくてはいけないのかわかりませんでした(謎)。
They have a security check. But I did not know what kind of items should have been checked there.





Shanghai Maglev Train 1Shanghai Maglev Train 2これが上海リニアモーターカーの車両です。
These photos show the car of the Shanghai Maglev Train.


Shanghai Maglev Train 3Shanghai Maglev Train 4最高時速の時速約430キロを記録!ただし、浮いているはずなのに音は結構うるさいですね。
In a few minutes the speed reached about 430 km/h. It was noisier than I had thought though it should have been floating.


Shanghai Maglev Train 5Shanghai Maglev Train 6時速430キロの時の運転席からの眺めは結構スリルがあります。
The view from the cab was very thrilling at 430 km/h.




Shanghai Maglev Station 3Shanghai Maglev Station 4浦東国際空港駅にはたったの8分で到着します。出るときの改札は、、、意外とあっさりしたものでした(笑)。
It took only about eight minutes to go to Pudong International Airport Station. The exit ticket gates were very easy ones.


Shanghai Maglev Station 5浦東国際空港駅のおねえさんに時刻表はありますか?と聞いたところ、ご親切にもこれを指さしてくれました(笑)。最近営業延長がされ、現在、龍陽路駅発は7:00~21:00、浦東国際空港駅発は7:02~21:02で、15分間隔で運行しています。
I asked a clerk at the ticket counter of Pudong International Airport to give me a timetable of the Maglev Train, but she kindly pointed this out with no saying. Recently the operation hours were extended. Trains depart every 15 minutes from 7:00 to 21:00 from Longyang Rd. Station and from 7:02 to 21:02 from Pudong International Station.


Shanghai Maglev Station 6Shanghai Maglev Station 7帰りのリニアモーターカーを待っている間、浦東国際空港駅のホームをぶらぶら散策。リニアモーターカーのレール(?)はこんな感じです。
I took a walk around the platform of Pudong International Airport Station during I was waiting for the next train. The photo shows the rail of the Shanghai Maglev Train though I am not sure if it should be call "rail" or not.


Shanghai Maglev Station 8龍陽路駅に戻ってきました。
I got back to Longyang Rd. Station.






2005年12月24日
24 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

中国・上海のガイドブックはこちら
Guidebook for China and Shanghai:
地球の歩き方 中国 2005~2006年版
地球の歩き方 上海 杭州・蘇州 2005~2006年版
地球の歩き方ポケット 北京&上海 2005~2006年版
地球の歩き方MOOK 上海-未来都市と麗しの杭州・蘇州 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 中国(中国語)
旅の指さし会話帳 上海
食べる指さし会話帳 中国(北京&上海料理)
Lonely Planet China, 9th ed.
Lonely Planet Shanghai, 2nd ed.
Lonely Planet Best of Shanghai
Lonely Planet Mandarin Phrasebook, 5th ed.


バナー 10000024ローテーションバナー234-60

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/05(日) 23:47:25|
  2. 中国/China
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。