小職の旅行記 Juan's Travel Blog

★アジア中心の世界旅行写真ブログ。各国料理、機内食、ホテル、海外GSM携帯やGPRSによるインターネットも。★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モンゴルのウマの内臓料理/Horse Bowels Cuisine in Mongolia

友人宅へ戻ると、馬肉の料理を作っていると言っていたので、てっきり桜肉のようなものを想像していました。しかし。。。
When I got back to my friend's home, they told me the dinner of the day would be a horse cuisine. I expected what we called sakuraniku, but...

Horse Intestine 1Horse Intestine 2実はモツの塩ゆででした。これは多分腸だと思います。
It was a cuisine of horse bowels. These look like intestines.


Horse LiverHorse Stomachレバーと胃ですね。
They must be liver and stomach.





GarlicVegetables唯一沢山食べられたのが、ニンニクと野菜でした。
I could eat garlic and vegetables a lot.


モンゴルの塩ゆでは香辛料などを使っていないので、味が非常にシンプルなのですが、食べ慣れなれていなかったため、箸がなかなかすすまず残念でした(苦笑)。日本ではモツの焼き肉はよく食べるので、焼き肉にしてもらったら食べられたかも知れませんが。
As the bowels were cooked by boiling without spices but salt, their taste was very simple. But I could not have it so much unfortunately because I did not accustom myself to the taste yet. The bowels of horse might be acceptable to me if they were barbecued because I often have bowels at barbecue restaurants in Japan.

2005年12月26日
26 December 2005


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

モンゴルのガイドブックはこちら
Guidebook for Mongolia:
地球の歩き方 モンゴル 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 モンゴル
Lonely Planet Mongolia, 4th ed.


ローテーションバナー234-60
スポンサーサイト

テーマ:モンゴル旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2006/02/18(土) 17:44:03|
  2. モンゴル/Mongolia
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

コメント/COMMENT

コメントの投稿/COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する/COMMENT ONLY TO ADMINISTRATOR

トラックバック/TRACKBACK

トラックバックURLはこちら/URL FOR TRACKBACK:
http://viajeymovil.blog22.fc2.com/tb.php/122-ca574cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。