小職の旅行記 Juan's Travel Blog

★アジア中心の世界旅行写真ブログ。各国料理、機内食、ホテル、海外GSM携帯やGPRSによるインターネットも。★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミャンマーでタイAISプリペイドSIM One-2-Callの携帯電話を使う/Try a mobile phone with AIS's Prepaid SIM One-2-Call in Myanmar

ミャンマーでタイのSIMが使えるようになった新ミャンマー通信さんのブログ記事で知り、早速使ってみました。小職の持っているのはAISのプリペイドSIMでOne-2-Call(1-2-Call)です。予め*125とダイヤルしガイダンスに従って国際ローミングを可能にしておきました。国際ローミングの申し込み方法と利用方法については、タイとPDAとモバイルとさんのこの記事が大変参考になります。
I heard that a mobile phone with a Thai SIM could be used in Myanmar. I tried to use it. My SIM is AIS's prepaid SIM named One-2-Call (1-2-Call). Dialing *125 followed by instructions enabled the international roaming prior to use.

MM MPTGSMスイッチを入れたところ、SOS Call Onlyでしたが、ネットワークを強制的に選択したところ、MM MPTGSMの表示が出てローミング可能な状態になりました。まさかプリペイドでも使えるとは思ってもみなかったので感動でした。
SOS Call Only was displayed when turned on. But "MM MPTGSM" appeared with a selection of the network. That meant roaming was ready. It was very impressive to have a prepaid SIM international-roaming available.


なお、ヤンゴンはもちろん、パテインもGSMのエリアですが、パテインでもちゃんと電波が届いていました。
It could be used in Pathein as well as in Yangon, in both of which GSM was in service.

試したところ、SMSは使えませんでした。というか、ローミング先ではSMSの発信はできないとのことです。*121#での残高照会や、*131*相手の電話番号#でのコールバック式の発信は最初はできたのですが、2日後の10月2日になって突然Call Restricted(通信制限中)というメッセージが出るようになり使えなくなりました。しかし、ミャンマー出国時の10月3日の夕方になってまた使えるようになりました。着信は常時可能でした。
I tried SMS, but I could not. I got to know later that to send SMS was disabled during the international roaming. Checking balance by dialing *121# and making calls with the callback system by dialing *131*phone number# were available on the first day. On the second day it suddenly became unavailable with a message "Call Restricted." But it became available again on the third day. Receiving calls had been available throughout my stay in Myanmar.

なお余談ですが、One-2-Callの概要さんのホームページによればローミング中にコールバック式で電話をすると相手にタイ語と英語で以下のようなメッセージが流れるそうです。
You have incoming international call.
Press 1 to accept the call with no charge.
Press 2 to reject the call.

この後、1を押してもらわないと電話がつながりません。たいていの人は間違い電話か何かだと思って切ってしまうと思います。なので、かける相手に予めそのことを伝えておかなくてはいけません。でも、このメッセージと1を押させることに何の意味があるのでしょうか?電話を受けてもお金がかからないとわざわざメッセージで言うくらいなら、メッセージなど流さずそのまま素直に相手の電話につなげばいいのにと思うのは小職だけでしょうか?
On making a call by callback, a receiving person will hear the following Thai and English messages:
You have incoming international call.
Press 1 to accept the call with no charge.
Press 2 to reject the call.

Then she or he has to press 1 to succeed the call. Most people may hang up because they think it may be a wrong call. So, you have to tell about it to persons you are going to call in advance. But I cannot understand why this message followed by pressing 1 is necessary. I really hope a direct connection without any hassles.

話を戻しますが、一時的に発信ができなくなって小職がブルーになっていた一方で、まさにその10月2日からミャンマーのGSM携帯でSMSが正式にサービス開始となったそうで、みんなSMSで盛り上がっていました。多分、多量のSMSがサービス開始直後に集中して小職の携帯では発信が一時的に使えない状態になっていたのでしょう。
When I was disappointed at "call restricted" temporarily, SMS became officially available in Myanmar on 2 October 2005. Every mobile phone holder tried SMS. I guess calls were restricted from my mobile phone probably because of too many SMS messages just after the service had started.

昔はミャンマー滞在中の国際電話は、地方に行くとほぼ絶望的だったことを考えると、少なくともGSMのエリアの都市では携帯で国際電話が可能になったので随分便利になったものです。
Once you had no chances to make an international call in other cities than Yangon and Mandalay in Myanmar. But now you can make it with a mobile phone in GSM covering areas. It is a great progress.

ちなみにミャンマー郵政省携帯通信局のホームページを見ると、GSMのことが結構詳しく出ており、現在のエリアはヤンゴン、マンダレー、バガンおよびニャンウー、ピンウールィン、パテイン、ングウェサウンおよびチャウンター、タウンジー、ニャウンシュエ、インレー、チャウッセ、マンダレー国際空港、インダインの各都市で、モニワ、マグウェ、モーラミャインにも基地局ができるようです。また、ローミングサービスはタイのAISとはサービスが開始されましたが、中国のチャイナモバイル、マレーシアのマキシスとも交渉中とあります。
You will find the details of Myanma GSM in the web page of the Mobile Communications Department of the Ministry of Posts and Telecommunication. The coverage includes Yangon, Mandalay, Bagan & Nyaung U, Pyin U Lwin, Pathein, Ngwe Saung & Chaungtha, Taunggyi, Nyaungshwe, Inle, Kyaukse, Mandalay International Airport and Indaing now and will extend to Monywa, Magwe and Mawlamyaing. The international roaming service had begun with AIS of Thailand and is under negotiation with China Mobile of China and with Maxis of Malaysia.

↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

ミャンマーのガイドブックはこちら
Guidebook for Myanmar:
地球の歩き方 ミャンマー(ビルマ ) 2004~2005年版
旅の指さし会話帳 ミャンマー
Lonely Planet Myanmar (Burma), 8th ed.
Myanmar Country Map: (Burma) (Periplus Travel Maps)
Myanmar (Burma) Map (Nelles Guides and Maps)


スポンサーサイト
  1. 2005/10/06(木) 23:59:10|
  2. 海外プリペイドGSM携帯・インターネット/Prepaid GSM Mobile Phone & Internet
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:2

コメント/COMMENT

AIS

AISのOne-2-Callが使えるとは知りませんでした。
日本の携帯は使えないんでしょうか。
  1. 2005/10/07(金) 04:35:11 |
  2. URL |
  3. YOSHIKI #dZ2c3wmQ
  4. [ 編集/EDIT]

Re: AIS

One-2-Callが使えるようになったのは本当に最近のことのようです。

日本の携帯については、使えた、使えなかったの両方のケースがあるようです。すでにご存知かもしれませんが、ヤンゴンナウさんの掲示板にこの話は出ていました。
http://www.yangonow.com/jpn/webforum/index.cgi?mode=one&namber=758&type=0&space=0&no=0

今回は都合により持っていけなかったのですが、近いうちにまたミャンマーへ行くと思いますので、そのときボーダフォンを試してみようと思います。
  1. 2005/10/07(金) 06:37:44 |
  2. URL |
  3. 小職 #Sv7f/GPc
  4. [ 編集/EDIT]

コメントの投稿/COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する/COMMENT ONLY TO ADMINISTRATOR

トラックバック/TRACKBACK

トラックバックURLはこちら/URL FOR TRACKBACK:
http://viajeymovil.blog22.fc2.com/tb.php/21-19b227d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。