小職の旅行記 Juan's Travel Blog

★アジア中心の世界旅行写真ブログ。各国料理、機内食、ホテル、海外GSM携帯やGPRSによるインターネットも。★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エアーバガンオフィス訪問/Visited Air Bagan's Office

2005年10月3日
3 Oct. 2005

連絡先
Air Bagan Limited
No.56, Shwe Taung Gyar Street, Bahan Township, Yangon
Phone: +95-1-14861, 513322, 513411, 513422
Fax: +95-1-15102

予約課/Reservation
Phone: +95-1-514741~5, Fax: +95-1-514746
Email: info@airbagan.com.mm


Air Bagan 1Air Bagan 2エアーバガンは2004年11月からミャンマー国内に就航した新しい航空会社です。本社はメインストリートからちょっと奥に入ったところにあります。小職は来年ミャンマーをあちこち旅行する際に利用しようと思っていたので下調べに来ました。
Air Bagan is a new airline company that launched domestic lines in Myanmar in Nov. 2004. Its headquarter was located a little bit far from the main street. I visited there to collect some information for a trip of Myanmar to be held next year.


新興航空会社のため機体は新しいです。また、路線は国営のミャンマー航空と同じくらい充実していると思います。最近は主要路線にジェット機を就航させ、ロータスクラスというビジネスクラスのコンパートメントをミャンマーの航空会社では唯一設けています。ビジネスクラス専用のラウンジも主要空港に設置する予定とのことです。
Their fleets are new because the company is new. They have as many routes as a national flag Myanmar Airways. Recently they started using a jet airplane, which had a compartment of business class named "Lotus Class," for main routes. Domestic business class is available only from Air Bagan in Myanmar. They planned to locate lounges for business-class passengers at main airports.

将来的には国際線の就航も考えており、バンコク線、シンガポール線を考えているとのことでした。
They had a future plan to launch international lines for Bangkok and Singapore.

↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

ミャンマーのガイドブックはこちら
Guidebook for Myanmar:
地球の歩き方 ミャンマー(ビルマ ) 2004~2005年版
旅の指さし会話帳 ミャンマー
Lonely Planet Myanmar (Burma), 8th ed.
Myanmar Country Map: (Burma) (Periplus Travel Maps)
Myanmar (Burma) Map (Nelles Guides and Maps)


スポンサーサイト

テーマ:ミャンマー旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2005/10/23(日) 17:59:36|
  2. ミャンマー/Myanmar
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:1
  4. | コメント/COMMENTS:0

コメント/COMMENT

コメントの投稿/COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する/COMMENT ONLY TO ADMINISTRATOR

トラックバック/TRACKBACK

トラックバックURLはこちら/URL FOR TRACKBACK:
http://viajeymovil.blog22.fc2.com/tb.php/38-eadfb3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バガン/ミャンマー

ゲストハウス真向かいのお茶屋。もちろんローカル、外国人なんて一人もいない。毎日午後と夕食後に通って、お茶屋に貢献。朝、昼、晩とサモサ(インド風三角コロッケ)、ケーキ(ミャンマーの暑い国においても、ずっと腐らない恐ろしいケーキ)、クッキーのようなものとオー
  1. 2005/11/04(金) 22:33:02 |
  2. 着物でバックパッカー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。