小職の旅行記 Juan's Travel Blog

★アジア中心の世界旅行写真ブログ。各国料理、機内食、ホテル、海外GSM携帯やGPRSによるインターネットも。★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南国での食中毒対策(1)/Against Bacterial Food Poisoning in Tropical Countries (1)

新ビオフェルミンSとメイオリゴWの相乗効果
Synergic effect of Shin-Biofermin and Meioligo W


少し話題を変えますが、タイやミャンマーなど熱帯地域の国では飲食物からお腹を壊すことがあると思います。基本的なこととして、「生水を飲まないでミネラルウォーターを飲むようにする。」と、「水道が殺菌されていないところでは氷は避ける。」というのはよく聞かれることです。
Many people have experienced bacterial food poisoning causing collywobbles and diarrhea in such tropical countries as Thailand and Myanmar. It is often said, "Drink bottled water. Don't drink tap water," and "Avoid ice in areas with non-chlorinated water."

Biofermin Meioligo 1小職もかつては東南アジアでお腹を壊して大変な目に何度か遭いましたが、現在は現地に滞在しているときは毎晩これを飲むようになってから食中毒らしい食中毒は経験しなくなりました。それは、新ビオフェルミンS錠メイオリゴW顆粒です。新ビオフェルミンSは処方箋がなくても買える乳酸菌製剤の薬で、ビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌の3種の乳酸菌が入っている、いわゆるプロバイオティクスです。一方、メイオリゴは特定保健用食品として許可されているフラクトオリゴ糖(バナナやタマネギに含まれているものと同じ成分)で、腸まで直接届き、ビフィズス菌を増やす働きがある、いわゆるプレバイオティクスです。この2つを一緒に飲むと、腸内でビフィズス菌などの乳酸菌(プロバイオティクス)がフラクトオリゴ糖(プレバイオティクス)を食べて増殖し酸を作って腸内を酸性にします(プロバイオティクスとプレバイオティクスの相乗効果)。このような酸性の腸内では、多くの食中毒を引き起こす悪玉菌は増えることができないか生きることができないので、結果的に食中毒になりにくくなるわけです。また、乳酸菌が作る酸によりカルシウムやマグネシウムの吸収が良くなる効果もあります。
I had also experienced food poisoning several times in Southeast Asia. But I have never experienced it since I started taking the following items: Shin-Biofermin S and Meioligo W. Shin-Biofermin is an Over-the-Counter (OTC) drug containing concentrated lactic acid bacteria consisting of Bifidobacterium, Enterococcus faecalis and Lactobacillus acidophilus, which are so-called probiotics. Meioligo W is fructooligosaccharides, which are contained also in banana and onion, permitted as a food for specified health use (FOSHU). Fructooligosaccharides, which are so-called probiotics, can reach intestines directly and propagate bifidobacteria. If you take these two together, lactic acid bacteria represented by bifidobacteria, which are probiotics, are fed with fructooligosaccharides, which are probiotics, to propagate and produce acids causing pH-lowering in intestines. This is a synergic effect of probiotics and probiotics. As most bacteria causing food poisoning cannot propagate or cannot survive in such intestines with pH lowered, you may hardly suffer food poisoning. There is another good effect of acids produced by lactic acid bacteria on the improvement of absorption of calcium and magnesium.


Biofermin Meioligo 2飲む量は新ビオフェルミンSが3錠とメイオリゴW顆粒が1包で、1日1回寝る前に飲むだけでOKです。コストは1回分60~70円といったところでしょうか。あの腹痛に比べたら随分安いと思います。飲むタイミングは実はいつでも良いのですが、時々ガスが発生することがあるので寝る前の方が無難という意味です。それから、試したことはありませんが、乳酸菌製剤とビフィズス菌を増やす働きがあるオリゴ糖であれば他社製品でも効果が期待できると思います。ただし、旅行に持っていくのは錠剤や粉をおすすめします。特にオリゴ糖にはシロップ状のものが多くでていますが、飛行機に乗っている間にバッグの中で漏れだしたら大変だからです。新ビオフェルミンSはたいていの薬局で売っているので手に入りやすいと思いますが、メイオリゴW顆粒はなかなか売っていないのでネット通販が便利だと思います。
The dose I recommend is tree tablets of Shin-Biofermin and one stick of Meioligo once a day before going to bed. It costs 60 to 70 yen per dose. I think it is a quite cheap investment to avoid terrible collywobbles. The reason why I recommend you to take it before going to bed is gas arising sometimes in intestines after taking it. I think that other drugs containing lactic acid bacteria and oligosaccharides than the above two may have the same effect though I have never tried. But I strongly recommend you to bring tablets or powder with you during travel. Though you may find many syrup products especially for oligosaccharides in shops, syrup may leak in your bag during flying with an airplane. Shin-Biofermin is available easily from most drug stores, but Meioligo is available more easily from Internet shopping than from drug stores.


なお、食中毒になるかならないかは、口に入れた食中毒菌の数や、そのときの体の抵抗力も大きく関係しますので、どんな対策をしたとしても食べ物に気をつけることと体調を崩さないようにすることは言うまでもありません。
Finally food poisoning depends greatly on the number of food-poisoning-causing bacteria you ingested and your resistance of your body. You should be careful to foods and take care of your health even if you adopted any measures.

新ビオフェルミンSをYahoo!ショッピングで購入
メイオリゴW顆粒をYahoo!ショッピングで購入


↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
  1. 2005/11/07(月) 20:57:31|
  2. 旅行グッズ/Travel Goods
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:2

コメント/COMMENT

7月に「食中毒を防ぐ!家庭の調理・新常識110」(現代書林)が出版されました。モヤシがウンチほど汚く、シンクで洗うと菌で汚染されてしまう話や、カイワレ大根が菌の揺りかごで育っている秘密、キュウリが食中りの真犯人である話など、目から鱗の話が満載です。小さな子供や老人がいる家の主婦は必読と思いました。またこれから結婚する人も読むべきと思います。
  1. 2006/07/21(金) 20:31:23 |
  2. URL |
  3. トビー #-
  4. [ 編集/EDIT]

久保田さんの「食中毒を防ぐ!家庭の調理・新常識110」

トビーさん、こんにちは。

コメント有り難うございますね。東京の八重洲ブックセンターに本が積んであったので立ち読みしました(結局買いませんでした。ごめんなさい)。

個別の内容的には割としっかりしていたので、その点ではよいと思いますが、主婦の人のマニュアル本としては使いづらいのではないでしょうかね?こんな時にどうすればよいかというような編成ではなく、いくつかの講演会の原稿をまとめたような感じの本ですからね。

これからの季節、モヤシ、カイワレ、キュウリよりも、肉や卵のサルモネラや、海水魚のビブリオに気を付けるべきですね。前者は加熱により、後者は水で十分洗うことにより防げますがね。

それから私見としては、食は楽しくあるべきと思います。トビーさんがそうだとは言いませんが、食べ物に対して過度に不安を煽るような表現は小職は好みませんのでその点この場で表明させていただきたいと思います。

最後に、著者の久保田さんは大変勉強されている方だとお見受けしましたが、実際に微生物を扱った経験のある方なのでしょうかね?素朴な疑問でした。
  1. 2006/08/19(土) 00:12:38 |
  2. URL |
  3. 小職 #-
  4. [ 編集/EDIT]

コメントの投稿/COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する/COMMENT ONLY TO ADMINISTRATOR

トラックバック/TRACKBACK

トラックバックURLはこちら/URL FOR TRACKBACK:
http://viajeymovil.blog22.fc2.com/tb.php/46-6e307009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。