小職の旅行記 Juan's Travel Blog

★アジア中心の世界旅行写真ブログ。各国料理、機内食、ホテル、海外GSM携帯やGPRSによるインターネットも。★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一年前の中国旅行(2)/Travel to China One Year Ago (2)

中国北京市故宮博物院 2004年9月20日
The Palace Museum, Beijing, China on 20 Sep. 2004


さて、観光地を効率的に回るのは足が確保されているツアーが一番です。こういうときは、日本人の味方、頼りになるJTBの出番です。北京ですと、ホテルニューオータニの地下にあります。実は前日、ツアーの申し込みをしておきました。今回外せないのは、故宮博物院と万里の長城です。
To attend a tour is the best way to go around sightseeing spots efficiently because transportation is reserved. The JTB is one of the most useful travel agency for Japanese tourists. A Beijing branch of the JTB is located on the basement floor of the Hotel New Otani. I applied a tour there yesterday. The tour had to include the Palace Museum and the Great Wall for us.
ホテルニューオータニ長富宮飯店(北京)をアップルワールドで予約

Tiananmenということで、まずは故宮博物院に行きました。これは天安門広場から故宮博物院を写した写真です。
First of all we went to the Palace Museum. This is a photo of the Palace Museum taken in the Tiananmen Square.



Palace Museumなにやら昔の儀式の再現のようなことをしていました。This must be a reproduction of an ancient ceremony.





Tai He Dianこれは太和殿です。まん中の階段は皇帝専用なので、小職のような庶民は通られません。このように立派な建物ですが、中には目ぼしい物が何もありません。実はお宝は運ぶことが可能で高そうなものはほとんど台北に持って行かれたので、北京には重くて運べないか安そうなものしか残っていないのです。写真は撮っていないのですが、日時計がありました。この日時計、漢字の他になぜかモンゴル文字が書いてあります。そこで、モンゴル娘。ナマイキさんに聞いてみると、「ウマとかヒツジとか書いてあるんだよ。」とのことです。要するに、午の刻(午前11時~午後1時)とか、未の刻(午後1時~3時)とかというやつですね。そのほかにも、門の入口に漢字とモンゴル文字の両方が書いてあるところがいくつかあり、これもモンゴル娘。ナマイキさんに聞いてみましたが、どうやら言葉が古すぎて意味がわかりそうでわからないそうです。それにしてもなぜ紫禁城に中国語とモンゴル語の併記があるのかよくわかりませんでした。
This is the Ta He Dian. The central steps were exclusively for the emperor. Ordinary people just like me could never use the central steps. Though this building was so great, there was nothing valuable. As most portable and valuable things were carried to Taipei, only heavy or cheap things remained in Beijing. I found a sundial there. Then I also found some Mongolian letters besides Chinese letters on it. I asked Namaiki san from Mongolia what the Mongolian letters meant. She answered that they meant a horse, a sheep etc. I got to understand that those Mongolian letters indicated the time of horse (11 am to 1 pm), the time of sheep (1 pm to 3 pm) etc. as well as the corresponding Chinese letters. In addition, I found some bilingual signs of Chinese and Mongolian on the gates. I asked Namaiki san what they meant, but she could not understand them well because they might be linguistically too old to understand. I wondered why there were bilingual expressions of Chinese and Mongolian in the Purple Forbidden City.


North Palace Museumこちらは故宮の北の方です。景山公園が見えます。
This is the north part of the Palace Museum. You can see the Jingshan Park at the back.




【訂正】
↑のモンゴル語の話ですが、実は紫禁城で見たのはモンゴル語ではなく清朝時代の満州語だということがわかりました。満州文字はモンゴル文字から来ているそうです。
Wikipediaで「満州語」を検索すると、ウマはmorinとあります。モンゴル語でウマはmoriです。これで文字も似ていたら、モンゴル人にも読めなくはないということでしょう。ということで、訂正させていただきます。
CORRECTION
In this article I correct the above-mentioned part regarding the bilingual expressions of Chinese and Mongolian as follows: The language besides Chinese that I saw in the Purple Forbidden City was not Mongolian but Manchu language of the era of the Qing Dynasty. Manchu letters originated from Mongolian letters. A horse is morin in Manchu language and mori in Mongolian. I suppose that she could read and understand it because both letters and words for a horse were compatible.

↓旅行ブログランキングはこちら↓
Blog Ranking    にほんブログ村 旅行ブログへ

中国・北京のガイドブックはこちら
Guidebook for China and Beijing:
地球の歩き方 中国 2005~2006年版
地球の歩き方 北京 2005~2006年版
地球の歩き方ポケット 北京&上海 2005~2006年版
旅の指さし会話帳 中国(中国語)
旅の指さし会話帳 北京(中国語・北京語)
食べる指さし会話帳 中国(北京&上海料理)
Lonely Planet China, 9th ed.
Lonely Planet Beijing, 6th ed.
Lonely Planet Best of Beijing
Lonely Planet Mandarin Phrasebook


バナー 10000073
スポンサーサイト
  1. 2005/09/20(火) 01:43:36|
  2. 中国/China
  3. | トラックバック/TRACKBACKS:0
  4. | コメント/COMMENTS:0

コメント/COMMENT

コメントの投稿/COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する/COMMENT ONLY TO ADMINISTRATOR

トラックバック/TRACKBACK

トラックバックURLはこちら/URL FOR TRACKBACK:
http://viajeymovil.blog22.fc2.com/tb.php/9-dc175b9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。